img_01

家具を配置するときの基礎知識とソファの種類

リビングの印象を左右するのは家具の配置です。
リビングは家族のくつろぎの場とお客様をもてなす空間の両方に対応できることが理想です。


そのために部屋の広さに合わせた形と個数の家具を揃え、出来れば簡単で自由に組みかえられるシステムタイプが理想です。

種類には一人掛け用があり、オットマン(足置き)と組み合わせ一人暮らしのくつろぎ時間が得られます。

最も一般的なのが二人掛け用で、一人で使えばゆっくりとくつろぐこともできます。

そして背面をリクライニングしてベッドにも変えられるソファベッドがあります。大きな場所をとりますが広い部屋だけに向いているとは限りません。

人気のある事業案内 | 店舗什器、建築金物、個人向けオーダーメイド金物のmedic(メディック)情報サイトの利用価値をご存知ですか。

来客用や自分用にベッドの代わりとして使え優れものです。

役立つたすかーたそるて「3つのお約束」 | 京都で無垢のテーブルや椅子などの家具をオーダーでつくるたすかーたそるてです。に関してわかりやすく説明しております。

その他にカウチソファは自由な姿勢でゆっくりと過ごせます。
コーナーソファはL字型に部屋の角へ配置し、中央のスペースを有効に使え、また対角線上にモニターを置けばホームシアターとして楽しめます。

ソファとリビングテーブルの距離は50cmくらい必要ですが、同じ数の同じ形でも置く位置によって、人が余裕をもって動けるスペースが大きく違ってきます。

お勧めのベッド 激安の情報はかなり役に立ちます。

並列型の家具の配置は狭い部屋に適し、家族間の親密度が高まりますが、来客の対応には向きません。逆に広さに余裕があるなら対面型が適しています。

通路のスペースも必要ですが、相手の顔を見ながら対話する緊張感が漂います。
この中間にL字型があります。

相手の視線をあまり気にせず会話ができ、リラックス感とオープンスペースが広く感じられ開放感があります。